SMD

      2016/02/01

LEDビジョン用語解説

SMD

↑SMD

SMDとは、LEDランプの種類の一つで、表面実装型と呼ばれ、1つのピクセルの中に、RGB:赤(赤)、G(緑)、B(青)のLEDランプが一つずつ入っています。

SMDの他に、RGBそれぞれ独立した砲弾型LEDというタイプのLEDランプがあります。

SMDは、砲弾型と比較すると1ピクセルピッチRGB各光源の間隔が短いため、混色率が高く映像がきれいであることが特徴です。また、砲弾型LEDと比べて近い距離からの視認に耐えられことも大きな特徴となっています。さらに、SMDは、形状が平面型のため、視野角が広いことも特色となっています。

これらの特徴から、比較的表示面積の小さいLEDビジョン、近い距離から視認させる街頭ビジョンに多く採用されています。

 - 大型ビジョン用語解説