色温度

   

LEDビジョン用語解説

「色温度」とは、ある色を放つ光源に含まれる、青紫光と赤色光の相対的な強さを表す数値のことです。(難しい話ですが、定義としては「その光と同じ色の光を、完全黒体が放射する時の黒体の温度」となります。)単位は「K」(ケルビン)となっています。色温度を示す場合には場合には、ほとんど「℃」の温度記号がありません。

色温度

色温度は、高いと青っぽく、低いと赤っぽく見えます。市販のパソコンなどのディスプレイ、テレビでは、初期設定で、9300K~9600K程度に設定されていることがほとんどです。ちなみに、真昼の日光は、5500K~6000Kとされています。

LEDビジョン(大型ビジョン)では、設置場所の状況に合わせて適正な色温度になるように調整します。仕様諸元でのスペックでは、例えば「3,200Kから9,300kの範囲で調整」などの表示となっています。この調整はキャリブレーションの設定と関係しています。

 - 大型ビジョン用語解説