キャリブレーション

   

LEDビジョン用語解説

「キャリブレーション」(Calibration)とは、日本語でいう「較正」、「校正」、「調整」などの意味となるを持つ英単語で、秤をはじめとする各種測定器で標準通りの値を得るため(例えば、1グラムはきちんと1グラムで表示できるよう)に、基準となる標準器などを用いて、機器個々の偏りを計測し、正しい値になるよう調整することをいいます。

また、ITや映像の分野では、画像の取り込み、ディスプレイでの表示、プリンターでの印刷を行うときに、正確な発色になるように調整することを「カラーキャリブレーション」といい、これが単に「キャリブレーション」と呼ばれています。これは、前述での計測機器と同様に、ディスプレイ、プリンタ、イメージスキャナ、デジタルカメラなどの映像関係機器で、機器ごとの発色の特性の違いや個体差、経時変化などを補正して、どの装置で出力しても同じ色が再現されるように調整することになります。

キャリブレーション

LEDビジョン(大型ビジョン)においても、キャリブレーションは重要な作業となっています。

 - 大型ビジョン用語解説